-Contents-
市民会議について
 立ち上げの経緯
 規約・定款
 会員募集
 お問い合わせ先
各種会議
 ●全体会議
 運営会
グループ活動紹介
 里山
 水環境保全(更新)
 省エネ推進(new)
 プレス&環境ガイド
 環境講座(new)
 エコビレッジ
 ごみ減量
 エコ事業所(new)
 人にやさしい交通(new)
ニュースレター

  水環境保全グループ
TOP >グループ活動紹介>水グループ 
《最新の活動内容》

 ■活動目的 〜こんなことをします〜

更新版 2017.8.19  一部修正

■活動目的

豊かな水の恵みを多くの人々と共有することを目的としています。

■活動内容

水環境保全グループは、@水辺の生き物調査、A内ケ池自然再生活動、B外来種対策、C芥川クリーンアップ活動、D雨水活用の啓発、E環境学習支援などを行っています。

■活動状況

@水辺の生き物調査

春季、秋季の2回、芥川の4ヶ所で定点調査を行っています。

A内ケ池自然再生活動

護岸が整備され、淀川からの導水により水質は良くなったが、生きものの棲みにくい環境になってしまった内ケ池の自然回復を願って活動しています。

B外来種対策

芥川では、芥川倶楽部の実働部隊として、10年以上ミズヒマワリの駆除を続けてきた

結果、芥川大橋より上流では、ほぼ見られなくなりました。

しかし、上牧、梶原地区の水路でオオバナミズキンバイが発見され、高槻市環境緑政課や地元と協力して駆除活動を実施しています。

C芥川クリーンアップ活動

毎月第3火曜日に、有志市民とも協力して芥川塚脇橋〜大蔵司橋の間で清掃活動を行っています。

D雨水活用の啓発

雨水は、貯めて使えば資源となります。家庭での雨水貯留方法や使用についてアドバイスや講座の講師派遣などを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿武山公民館にて雨水講座

 

 

 

 

 

 




E環境学習支援

小学校対象の環境学習課外授業において、川や池の生きもの採取を児童とともに行い、魚の採り方や名前と特徴などを教えて、自然に興味をもってもらうことを目指しています。





最新の活動       (内が池 自然回復 活動))
 utigaike.pdf へのリンク





 ■現在の活動 〜こんなことをしています〜

  準備中



 戻る

2004(C) Takatsuki Kankyou Shimin Kaigi, all right reserved
トップページへ