海外FX業者は安全?優良業者を見極めろ

海外FX業者は安全?優良業者を見極めろのアイキャッチ画像

良い海外FX業社もあれば悪質な海外FX業社もある

良い海外FX業社もあれば悪質な海外FX業社もあるのアイキャッチ画像

海外FXは国内と違って英語が使えないとできない等のイメージで国内の業者のみで考えるトレーダーも多いです。

実際には日本語に対応している海外FX業者は多く、また国内と違ってレバレッジに規制がないことや追証もなし、口座開設も容易にできるなど様々なメリットがあります。

とは言ってもやはり海外の業者ですので、万が一トラブルが起きてしまえば自分自身で解決をしないといけないため、興味を示さないトレーダーが多いことが現状です。

基本的に海外FX業者は日本の金融庁の管轄外で、事前に情報を収集してから自己責任でするようにしないといけません。

しかし、情報を収集すれば安心して利用できる業社もあり、国内と違ってレバレッジが高くロスカットシステム、追証なし、豊富なボーナスなど有利な条件を提供していることもあります。

金融庁の規制で日本国内の業社はレバレッジが25倍に規制されていますが、海外FX業社は規制がないため業者によって異なりますが最大1000倍などのハイレバレッジに設定できるので一獲千金を狙いやすいです。

このため、FXは国内の業者のみですると限界で追証のリスクもありますが、海外では一獲千金を狙いつつも追証のリスクがなく入金した金額以上の損失を避けることができます。

また、大手の業社になると日本語サポートも充実し、公式ホームページの表記や問い合わせなど日本語で対応してくれて安心です。

しかし、海外FX業社でも悪質なブローカーも少なからずいるもので、それぞれの特徴を把握して回避しないと思わぬトラブルになってしまいます。

悪質な手口は、利益を出した金額の出金を拒否することや、金融ライセンスが無登録で過去に登録抹消などがあることです。
他にも資金の管理方法を確かめ、信託保全がないと倒産すれば口座残高があっても資金がそのまま消滅してしまうこともあります。

このため、確認すべきポイントは出金拒否や口座凍結、アカウント削除などの事例の有無ですが、口コミの内容は必ずしも信用できるとは限らないものです。

以上のように、海外FX業社を選ぶ時は安心して利用できることを確かめ、情報収集をしてから決めないと思わぬトラブルになり大きく損失をすることもあります。

口コミや評判は良いものと悪いものが介在していますが、すべての内容に目を通してから選ぶ方法が望ましいです。

海外FXは国内と違って制限がなく、安心して利用できる業社を探すと思わぬ大金をゲットできることもあります。しかし、悪質な業社を選んでしまうと今までの積み重ねが水の泡になるため、しっかりと見極めて決めることが重要です。

良い海外FX業社を見極めるポイント

良い海外FX業社を見極めるポイントのアイキャッチ画像

海外FX業社は数が多くてどのように選べば良いか迷うものですが、きちんと情報を確かめて決めると安心できます。

確認すべきポイントはまずは金融ライセンスで、どの国のものであるかが重要です。

イギリスは世界屈指の厳しい審査と厳格な規定があり、あれば信頼度が高くなります。ただし、金融ライセンスなしで運営する業者も多く、登録料を支払えないほど資金に余裕がなく出金拒否や口座凍結以外に資金の持ち逃げなどをされることもあり注意が必要です。

他にも、更新頻度が少ないことやかなり古い情報をそのまま使っている場合も注意が必要で、実際には無許可で運営していることもあります。このため、利用する前に最新の更新状況などをチェックし、最新の内容が数ヶ月前などの場合は避けると良いでしょう。

次に運営歴が重要なポイントで、5年以上を目安に選ぶと安心できます。逆に、短いと実績がなく信用できないもので、トラブルが起きても対処してもらえないこともあるようです。

老舗の業社は日本語サポートなども充実し、初心者でも使いやすくてトラブルが起きることを防げます。

最後に口コミですが、実際に利用してあったことを赤裸々に紹介しているものもあれば逆にそうではない場合もあります。

海外FXといえばやはりレバレッジが非常に高く豊富なボーナスキャンペーンに惹かれがちですが、リスクを考えないと後悔する羽目になることも多いです。

一般的に国内の業社は証拠金がマイナスになれば追証があり、請求されて入金分以上の損失もあります。しかし、海外FX業社はゼロカットシステムや追証なしで利用でき、入金分以上の損失を防げることが魅力です。

ただし、すべての業社に当てはまるわけではなく、事前に公式ホームページで注文方式や細かいシステムなどを確かめて選ぶ必要があります。

海外FXで起きやすいトラブルといえば出金拒否で、せっかく利益を出して口座残高を増やしてもできなければ意味がありません。

出金拒否になる要因はトレーダー側に原因があることもあり、自業自得な内容をそのまま口コミとして上げていることもあります。

口コミの内容は比較サイトなどでは5段階評価で数字を決め、高い順に並んでいるものです。ただし、良い内容と悪い内容をきちんと確かめ、確実に信用できると判断してから利用開始する必要があります。

出金拒否があるって本当?

出金拒否があるって本当?のアイキャッチ画像

海外FXをするために一番多く起きるトラブルは出金拒否で、せっかく利益を出しても現金として引き出せないため意味を成さないものです。

発生する主な原因は、トレーダー側だと規約違反やマネーロンダリングを防ぐ仕組みを把握しないで取引をしたためで、事前に公式ホームページで禁止事項を確かめると防げます。

禁止事項は両建てなどがあり、知らずにしてしまうといつの間にか出金拒否どころか口座凍結にもなるため注意が必要です。逆に業社側の都合で行う場合もあり、金融ライセンスがなくて無許可営業であれば起こり得ます。

金融ライセンスは金融庁の規制によって厳しくチェックされ、トラブルを起こせない状態です。
また、取得する時は費用がかかるため資金の余裕がない業社の事情もあり、トレーダーが利益を出して出金をすると損失になるため拒否をする傾向があります。

以上のように出金拒否やトラブルを防ぐためには、利用する前に公式ホームページを確認し、トレードの際に禁止されていることや金融ライセンスがあるか確かめる必要があります。

他にも、資金の管理方法や運営実績なども重要なポイントで、信託保全がありなおかつ設立されて5年以上の業社を選ぶようにする方法が望ましいです。

金融ライセンスは出金拒否などトレーダーに不利益を与えると取り消しや罰金命令など法的措置を受け、あるだけでも安心して利用できます。

悪質な業社は金融ライセンスがないことやゼロカットシステムを採用せず追証があるなど様々な特徴があり、これらの項目をすべてチェックすれば出金拒否などのトラブルを回避できます。

ただし、優良な業社であってもトレーダー側に原因があればその限りではなく、両建てや不利益を与える行為を行うなど違反しないようにすることが大事です。

このような行為はただ単に出金拒否をされることだけでなく、口座凍結などもあります。また、日本語サポートがあるかどうか確認し、疑問点があれば気軽に聞けるようにすると便利です。

当サイトがおすすめする優良海外FX業社

当サイトがおすすめする優良海外FX業社のアイキャッチ画像

海外FXは国内とは異なり一獲千金を狙えますが、始める前に信用できる業社の特徴を知る必要があります。

信用できる業社であるか確かめる方法は運営歴、ライセンス、資金管理、追証の有無の4項目で、不安になることがないと判断して決めることが大事です。

運営歴は短いと実績がなく信用できないもので、最低でも5年以上ないといけません。ライセンスはなければ規制されないため出金拒否などトレーダーに不利益になる行為を行う可能性もあり、あることを確かめて決めることが重要です。

資金管理は信託保全がないと分別保管になり、万が一業社が倒産してしまうと口座にある資金が消滅してしまいます。

証はトレード中に大きな値動きがあり口座残高がマイナスになり、その損失分を請求される仕組みです。

以上の項目は会社を選ぶために重要な要素になり、総合的に見て決めないと失敗することもあります。

XM

XMは金融ライセンスはセーシェル共和国、運営歴は2009年開始のため10年、資金管理は完全信託保全ではなくバークレイズ銀行で分別保管、追証はなしです。

最大888倍のレバレッジや豪華ボーナスプログラム、手厚い日本語サポートが魅力の海外FX業者です。

iForex

iFOREXは金融ライセンスはキプロスライセンスで、運営実績は1996年からになり23年と海外FXの老舗で、資金管理はヴァージン諸島金融サービス委員会の管理下で顧客の資金と分別管理され、追証はなしです。

最大レバレッジは400倍、ロスカット水準が0%が魅力の高額出勤の報告がある海外FX業者です。

GEMFOREX

GEMFOREXで、金融ライセンスは2019年にニュージーランドのライセンスを取得し、2014年に設立されたため5年の運営歴で、資金管理は分別保管で追証はありません。

業界トップクラスの狭いスプレッドと高い約定力、豪華なボーナスキャンペーンが魅力の海外FX業者です。

まずは会社の特徴を調べよう

以上のように、3社とも追証はなくて国内とは違って口座残高にマイナスが出ても自分自身で補填する必要がなく、入金額以上の負担をすることを防げます。

実績はiFOREXが23年と最も長くて安心できますが、GEMFOREXは5年と短く信用度が低いです。

資金管理はXMは信託保全がなくて業社が倒産してしまうと資金が戻ってこない可能性もありますが、他の2社は分別保管されているため信用できます。

ライセンスはGEMFOREXは2019年に取得したばかりですが、他社はすでにあるためトレーダー側が規約違反しない限りは出金拒否などトラブルは起きにくいようです。

この結果、3社の中ではiFOREXが海外FXの老舗としてすべての項目で評価が高く、初心者なら選んで損はない業社といえます。

海外FXはまずは会社の特徴を知ることが重要で、メリットだけでなくデメリットを把握して決めることが大事です。

しっかり見極めれば海外FXで安全に取引できる

しっかり見極めれば海外FXで安全に取引できるのアイキャッチ画像

海外FXをする時は国内とは違って安心して利用できるか不安になりますが、きちんとメリットやデメリットを理解してから業社を選ぶと問題はありません。

海外の業社をきちんと見極めるポイントは運営歴、資金管理、ライセンスの有無、追証の有無で、これらの項目を確かめて良いものを探すと効果的です。

不安になる要因は日本語でサポートしていることや出金拒否の有無で、日本語で問い合わせが可能であれば初心者でも安心できます。

出金拒否は金融ライセンスがあれば監視されているため起きないはずですが、トレーダー側に規約違反などの原因があればその限りではなく注意が必要です。

規約違反になる要因は両建てトレードが禁止されているのにすることなどで、事前にホームページで確認して自己責任でしないといけません。出金拒否は口コミや事例を参考にするとイメージしやすく、事前に内容を確かめてならないように対策を講じる方法が望ましいです。

資金管理は国内とは違って信託保全がない業社もあり、この場合には倒産してしまえば資金を失ってしまうこともあります。しかし、運営実績が長いと倒産することはないように感じますが、最近では何が起きるか分からないため油断は禁物です。

追証は国内の業者では必ずあり口座残高がマイナスになれば補填するために請求されますが、海外FX業社の多くはないため安心してトレードができます。

以上のように、海外FX業社を使うことに対して抵抗があれば事前にライセンスがあり運営実績が長く、信託保全で追証なしと4つの項目で良いものを探せば解決し、高いレバレッジで一獲千金を狙うと効果的です。

海外FXは口座開設や入金で有効証拠金を増やせるボーナスがあり、事前に資金を準備しなくてもトレードができます。

日本語が通じるか気になる場合はサポートの方法や品質を確かめ、高いと初心者でも利用しやすくなって便利です。

海外FXは近年では様々な動きがあるため、ホームページの更新頻度などを確かめて決める必要があります。

FXは国内の業者のみでするとレバレッジが25倍までに制限されてなおかつ追証付きで、大きな値動きがあって損失が出た時点で請求され困るものです。

しかし、海外FXは現地の金融ライセンスがあれば高いレバレッジで勝負することができ、なおかつボーナスが豊富で口座開設をしやすいなど多くのメリットがあります。業社を選ぶ時は安全性を重視して決めれば出金拒否などのトラブルがなく、国内とは違って一獲千金を狙うなど可能性を広げやすいです。

海外FXは国内よりもスプレッドが広めになりますが、豊富なボーナスキャンペーンで穴埋めをすると有意義に使えます。

海外の業社は必ずしも優良とは限らないため油断は禁物で、最低でも運営歴が5年以上で金融ライセンスがあり追証なしであることを確かめて決めることが大事です。

海外FXは少しでも利益を出せるようにしたいものですが、リスクとの兼ね合いを確かめて最適な業社を選ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です